理念活動紹介参加・支援団体概要
「笑顔と幸せ創出プロジェクト」パートナー助成

「笑顔と幸せ創出PROJECT」パートナー助成Assistance



2017年度 「笑顔と幸せ創出PROJECT」パートナー助成の申請受付は2017年○月○日に終了しました。

本制度の趣旨


 

性別、国籍、働き方、物事に対する価値観…

色々な物事が多様化している中で新たな人間関係が求められています。

 

しかし、ソーシャルメディアの広がり方は、だれもが「誰かとつながっていたい」ことを表しているのではないでしょうか?

人は一人では生きられないという当たり前のことが、再評価され、

「自分だけ」ではなく、「まわりのみんなも、自分も」という考えにより、社会が「つながり重視」に変わり始めています。

 

今こそ、私たち一人ひとりが、まわりの「笑顔」と「幸せ」を自分ごととしてとらえ、

そして自分にできることからアクションしていくことが求められています。

あなたの地域では、積極的にアクションがおきていますか?

 

「笑顔と幸せ創出プロジェクト」は、福岡県内のさまざまな地域で、

地域コミュニティーの多様なつながりを生かしながら独自性のある取り組みを実施することで、

「笑顔」のムーブメントをつくることを目指します。

そのムーブメントをつくるためには、地域と積極的に関わりながら、具体的なアクションに参加してもらい、

一人ひとりに人とのつながりを認識してもらうことが重要です。

 

身近な人が「笑顔」と「幸せ」になるため、当会は、人と人とがつながるユニークな取り組みを募集します。

1. 対象となる団体


 
 

本制度の主旨に沿った取り組みを行う下記のすべてに該当する団体
 

●  当会が本プロジェクトを行なう能力を有すると認める方が1名以上在籍し、かつ、3名以上で組織された任意団体、NPO法人又は当会が特に認める団体。
   
●  自ら、発意・企画し、自主的に本プロジェクトの目的に沿った地域社会に関する実践活動を行う団体。
   
●  福岡県内に事務所又は連絡場所を有し、かつ、主たる活動を福岡県内で行っている団体。
   
●  営利活動、宗教活動又は政治活動が主たる目的でない団体。

2. 対象となる事業の内容(審査の視点)


 
 
●  本プロジェクトの趣旨に賛同し、事業の熱源になれる人が主体となり、多様な関係者と一緒になって、意識への働きかけや行動を誘発する工夫や仕掛けがみられる事業。
   
●  「笑顔」と「幸せ」などの関心の有無にかかわらず「参加したい」と感じられるような、好奇心やわくわくする気持ちを喚起する事業。
   
●  「笑顔」と「幸せ」に関するユニークな視点や関わり方の提起を含んでいる事業。
   
●  営利活動、宗教活動又は政治活動が主たる目的でない団体。
   
●  多地域へと展開できるモデルの提起や戦略性をもった事業。
   
●  自治体、地元メディア、企業、NPO、組合、学校、自治会など、多様な団体が連携して取り組む事業。
   
●  地元メディアと連携し、広く本プロジェクトのことを周知し、本プロジェクトやイベントの参加者のみならず広義の関与者を増やすための工夫が織り込まれている事業。
   
●  助成終了後も可能な範囲で自主的に継続、発展させ、地域に根付いたものとしていく具体的な計画がある事業。

3. 対象となる事業の実施期間


 
 

2018年1月~2018年12月

上記期間は当会の事業年度です。

4. 助成金の補助率及び助成金額の上限


 
 

助成金の上限金額及び事業費総額に対する助成金の補助率は、原則として以下の通りとします。
なお、決定時の事業費総額・助成金額は、原則として、千円未満切り捨てとします。
 

事業内容 上限金額 補助率
「笑顔と幸せ創出プロジェクト」 パートナー助成プログラム 5万円 助成対象経費の4分の3

5. 対象となる経費


 
 

対象となる経費は、本プロジェクトの活動実施に必要な経費とします。
費目は各団体の会計規則などにあわせてご記入ください。
経費は以下の例を参考にしてください。

経費区分 内 容
人件費 団体内部の賃金、イベントでの動員謝金等。
事業内容自体の委託費 事務、企画、運営、調査など事業の中心となる部分の委託にかかる経費。
食糧費 事業実施のため必要な、昼食代、弁当代、茶菓代は助成対象とし、限度額を設定する。

● 昼食代・弁当代 一人500円以内
  (ただし、講師については、一人1,000円以内とする。)

● 茶菓代 一人200円以内
備品購入費 アロマ商材等の消耗品に事業で使用する物品の購入費。
旅費 事業実施のため必要なスタッフの交通費は1日往復1,000円を上限に助成対象とする。
報償費 講師に支払う謝礼金ついては、15,000円を上限に助成対象とする。
印刷・宣伝・広告費 ● チラシの印刷などの経費

● イベント出店費などの経費

6. 条件および留意事項


 
 

助成申請を実施する際には、いくつかの条件及び留意事項があります。
申請の時点でご確認いただきたい事項は下記の通りです。

 
活動趣旨の共有
当会の活動趣旨を共有するため、当会が実施する学習プログラム「幸せホルモンLabo.」へ1名以上にてご参加ください。
 
 
 
助成表示について
当会が別途定めた「助成表示」を助成活動の開催時やプログラムの成果物等に表示していただく必要があります。
 
「笑顔と幸せ創出プロジェクト」助成表示
 
 
 
情報発信について
本プロジェクトを実施の際には、積極的に情報発信をしていただきます。
 
(1) ロゴの積極的表示
「視覚化」という大切なプロセスがあります。その「視覚化」要素の一つに「ロゴの積極的表示」があります。
ポスターやグッズなど制作物へ表示するロゴは、最大限表示ください。
本プロジェクトのロゴと定型文「このプロジェクトは、(公財)社会福祉笑顔ふれあい財団 「笑顔」と「幸せ」創 出PROJECT パートナー助成の一環で実施しています」の両方の表示を行う必要があります。
 
(2) インターネット記事配信
運営しているWebサイトやブログ・Facebook・Twitterなどを活用した記事配信・拡散を積極的に行ってください。(推奨4回以上)
 
 
完了報告書の提出について
助成期間終了後は、終了後2ヶ月以内に事業完了報告書をご提出いただきます。
 
 
 
監査及び事業評価について
本プロジェクトの完了後、事業の実施と事業費を監査します。また、今後の事業のより良い実施を目指し、事業評価を行います。監査及び事業評価の結果は、ウェブサイトなどで公表します。
 
 
 
個人情報の取り扱いについて
こちらをご確認ください。

7. 申請手続き


 
 

申請受付期間 

平成30年度 2018年8月1日(月)11:00 ~ 10月31日(水)17:00まで

(今年度の申請受付は終了しました)

 
 
 

申請方法 

当会の助成金交付要綱をご確認ください。(PDF)

申請を行うには当会所定の申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、事務局宛へ郵送してください。
 

事業助成金交付申請書(様式第1号) word / PDF
   
事業計画書(様式第1号-1) word / PDF
   
事業収支計画書(様式第1号-2) word / PDF
   
資金計画書(様式第1号-3) word / PDF
   
※ご送付いただいた書類などの返却はできませんので予めご了承ください。
 
 
申請書の送付先
公益財団法人 社会福祉祉笑顔ふれあい財団 パートナー助成係
〒815-0033 福岡市南区大橋1-8-21大橋西口ビル405
Tel:092-553-6987 FAX:092-408-5147 e-mail:info@scow.or.jp
 
 
 

注意事項

●  申込は1団体1件に限ります。
   
●  申込書受領後、必要に応じて別途書類の提出依頼や電話または訪問等によるお問い合わせをさせていただく場合があります。
   
●  申請内容に虚偽の記載が判明した場合、助成決定を取消すことがありますのでご承知ください。また、助成決定前に実施、または完了した案件については、助成対象外となります。
   
●  助成終了後5年間は、事業関連の書類や取得物保管等の善管義務が発生しますのでご注意ください。

8. 結果の通知


 
 
●  審査の結果は、2018年○月中旬にお知らせの予定です。それ以前の採否のお問い合わせには、お答えできませんのでご了承ください。
   
●  選考結果については、代表者様宛に通知予定です。
   
●  助成対象となった場合、団体名、代表者名、事業名、助成金額等を当財団ホームページに公表させていただきます。又、財団関係誌にも掲載をすることがあります。
   
●  原則として申請時の計画と著しく異なる変更は認められませんが、やむを得ない事由によって変更等が必要になった場合は、予め当会に連絡して下さい。変更を必要とする理由書を添えて、事業助成金交付変更申請書を提出して頂きます。変更の内容によっては助成そのものを停止、あるいは助成金額の修正を行う場合があります。

9. お問い合わせ先


 
 

公益財団法人 社会福祉祉笑顔ふれあい財団 事務局
Tel:092-553-6987( 平日10:00~17:00) e-mail:info@scow.jp


社会福祉笑顔ふれあい財団
 
TOP