rss

HOME»  研究事業

調査・研究

 「ふれるコミュニケーション」による癒しの効果、及びその効果がもたらす
 ストレス軽減の機能・社会的有用性を科学的に立証するため大学研究機関等と共同研究を行っています。

研究一覧
【研究①】

「ハンドケア ・フットケア施術が一般高齢者に与える効果検証」

社会福祉笑顔ふれあい財団は、九州大学基幹教育院健康・運動疫学研究室 熊谷秋三教授と、平成26年及び27年度、「ハンドケア・フットケア施術が一般高齢者に与える効果検証」の共同研究を行いました。
 
この研究により、当法人の考案した施術(ハンドケア・フットケア)が高齢者の方々の感情・気分へ好ましい効果を有することが判明しました。


詳細はこちらをご覧ください。

【九州大学基幹教育院健康・運動疫学研究室】
http://webpages.ihs.kyushu-u.ac.jp/kumagai/index.html

 
 
【研究②】

「頭皮ケア施術が認知症予防に影響する効果検証」

札幌医科大学医学部麻酔学科講座 山蔭道明教授へ研究を依頼しました。

※既に研究は終了していますが、研究内容の発表は下記の機関誌への寄稿後に公開させて頂きます。

公開日:未定  ※公開された場合には当サイトにてお知らせいたします。

(一般社団法人 日本老年医学会)
http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/index.html